子供の可能性を引き出す、地域ならではの 様々な体験を通じて、大人の可能性も引き出す活動をする  桐生市周辺のパパたち


by papatoko-class

<   2011年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

f0237280_1817197.gif

f0237280_18171336.gif


パパトコクラス代表の松平が、

6月12日(日)にぐんま男女共同参画センターで開催される

「輝こう 群馬の女と男」〜つなげよう 心の絆を!〜

のフォーラムに登壇します。



「イクメンが社会を変える」というテーマで

13時30分〜15時15分まで、4F大研修室でパネリストとして

参加します。

基調講演は、育休をとられた長野県の佐久市長、柳田清二氏。

先着15名ですが、託児もあるそうですので、ぜひお越し下さい。



桐生市もイクメンプロジェクトを始めますし、

桐生からの参加者も期待してまーす!





皆さんの『ポチっとな!!』が 励みになります 



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 群馬情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
[PR]
by papatoko-class | 2011-05-11 18:23 | 情報・その他
f0237280_851342.jpg

(4月30日の桐生タイムスより)

桐生市のイクメンプロジェクトが発足します!

パパトコクラスの出番ですね〜

桐生市のホームページにも掲載されています↓

応募要項はこちら

県内では、いち早くパパの子育てに着目した桐生市。

厚生労働省が昨年からスタートさせた、イクメンプロジェクト

参考にしながら、桐生らしい企画提言を行っていくべきでしょう。

このパンフレットも市役所内のパパトコメンバーが取り寄せてくれましたよ↓

f0237280_853659.jpg


こちらの座長は、ファザーリングジャパンの安藤代表っす。



なにかと元気がないと言われ続けている桐生市。

出生率は県内にある12市のなかで最低。

人口減は深刻で、自然減少は県内35市町村で最多。(群馬県2010年移動人口調査結果より)

工業統計調査によると、2009年の製造品出荷額は、1992年のピーク時から3分の1。

09年の法人市民税は、92年度のピーク時の5分の1。

こんなときに、企業誘致だけしても地域の活性化は成功しません。

なにしろ、企業にとって魅力的な地域はほかにも山ほどあるから。

だったら、桐生の中のリソースを活用すべきです。

それは、人であり、小さくてもキラリと光る中小零細企業。

それらの活躍の鍵を握るのが、子育て世代のパパです。

企業に置いても重要な地位にいるパパの働き方、というか生き方が

これからの社会を変える可能性がある。

本当は、祖父世代と強力タッグを組めれば最高なんですけど。



課題をたくさん抱える地方都市・桐生の取り組みこそが、

次代を担う役割があるのではと考える今日この頃。



そろそろ、桐生市も盛り上げていくべぇ。






皆さんの『ポチっとな!!』が 励みになります 



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 群馬情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村
[PR]
by papatoko-class | 2011-05-02 08:50 | 情報・その他